AUTUMN BAKING CAMP 2021



オータムベーキングキャンプ2021

ご存知の方も多いと思いますが、コロナ禍の中、ほぼまる一年、「レシピ・HOWTO動画・材料・zoomの質疑応答」をセットにした、「パン作り体験講座」(全5巻)を開講させていただきました。


初めて一般の方に継続的にパン作りを伝える機会をいただき、様々な目的や理由により「プロにパンを学びたい」というニーズが、一定数あることを感じました。そして、そのニーズが、決して「どんなパンでもいい」わけではないことも強く感じました。皆んな、「自分が思うパン」を作れるようになりたいんですね。


もう少し広い視野で見渡しても、様々な情勢の変化により、「仕事」や「生き方」に対して考える機会は多くなったと思います。ナチュラルワインやハンドドリップコーヒーのような、気軽なコミュニケーションツールとしてパンが使われることも増え、その結果「自分の好きなこと+パン」や「現在のスキル×パン」だったりと、既存の「パン屋」以外の自由な表現が増えてきたと感じます。そして、それらの多くが、子育てがひと段落したり、今まで頑張ってきた仕事の目処がついたタイミングで、先延ばしにして来た「やりたいこと」を自分らしく形にしたい、そう願う人たちの自己実現の舞台になってたりもします。


そう言えば、過去に「シュクレクールで働きたい」と来てくれた方の中に、カフェや雑貨屋さん、アパレル関係の方もおられましたが、数種しか提供しない業態で、一からパン屋で修行を積むのは非効率だとの理由で、お断りしたこともありました。必ずしも広い知識と経験が必要ではないでしょうから。ですが・・・、その方々は、一体どこで必要なスキルを身につけたのでしょうか。不本意なものを妥協しながら作っているのか、もしくは叶わず諦めてしまったのか・・・。


人生で最後に残るものは、お金じゃなく、生きてる間に何をしたかという経験です。先に述べた「パン作り体験講座」での経験からも、「パンを通じた自己実現」が叶うことによって、一人でも多くの方に笑顔になってもらえるお手伝いが出来ると確信しました。


このたび私たちは、「どんなパンを焼けるようになりたいのか」、そこにフルコミットした全10回による「短期集中スクール」を提案します。「どんなパンを、どんなところで、どんな方法で」、それだけでなく、創業17年の信頼と実績、時として何屋か分からない多岐に渡る経験をフルに使って、大小問わず、大切な想いの実現の為のあらゆるお手伝いをさせていただきます。


たくさんの種類が作れるようになりたいわけじゃないし、広い知識が欲しいわけでもないけど、ちゃんと美味しいものは作りたい。ゴリゴリのパン屋さんをやりたいわけじゃないんだけど、パン屋さんと同じ位、もしくはそれ以上に、パンを大切に届けたい。その情熱に、シュクレクールが100%寄り添います。「オータムベーキングキャンプ2021」、いよいよ開講です。


受講対象者と目的

プロ・アマ・未経験・会社員・学生・主婦などなど、どなたでもご参加可能です。飲食業の経験がないとわからない、偏った内容ではありません。小麦粉の違いや、製法によって変化するパンの違いなどを、基礎から学び、実際に触れることができます。


たとえば、カフェやワインバーをオープンしたいと考えておられる方が、そこで提供するパンを自分で作れるようになったり。パンを使ってサンドイッチのお店をはじめたり。趣味としてのパン作りを深めたり。それぞれの目的に合わせ、結果につながるサポートをさせてもらいます。 作ってみたいとイメージしたパンを、かたちにできるまでコミットします。


全10回のカリキュラム

第1回 9月26日 パン作りを知ろう
パンを作るために必要なこと
〜食材や製法の違いに、知ること触れることから始めましょう〜
第2回 10月3日 粉について
実践的な「小麦粉」の捉え方
〜粒度の違いやブレンドの意味など〜
第3回 10月10日 製法について
様々な製法の特徴と環境適性
〜テクニックと製造環境のマッチング〜
第4回 10月17日 ミキシングについて
生地を生み出す
〜想いを形にするレシピの考え方と、「良い生地」を知る〜
第5回 10月24日 発酵について
酵母とか発酵とか熟成とか
〜それぞれの理解と解釈の手引き〜
第6回 10月31日 焼成について
生地から「パン」へ
〜生地の管理から焼成、状態による温度帯と時間の選択〜
第7回 11月7日
第8回 11月14日
第9回 11月21日
第10回 11月28日
焼きたいパンを作る
個別面談
〜ここから個々の目的にコミットします〜