MENU - Pain

Pain - バゲット
店内でお召し上がりの際に

Baguette
バゲット

持ち味は、表皮と内層との明確なコントラストよりも、噛み締め混ざり溶けて行く際に織りなす、香りと旨味の移ろいの優しいうねり。尖った見た目よりも温和な子なのです。

Batard
バタール

バゲットの倍の大きさなので、必然的に表皮よりも内層の比率が多くなり、カットの仕方により如何様にでもアレンジしてもらえる、寛容さがウリです。

Épi
エピ

ベーコンを包んでチョキチョキして、麦の穂の形になぞらえた伝統的なパン。千切って食べるもヨシ、これくらいの量を口一杯に詰め込むもヨシです。

Pain Coeur
パン クール

うちらしくないラブリーなハートの形と、キャッチーな組み合わせは、完全に子供ウケを狙ったんだと思われがちですが、はい、それ以外の何ものでもありません。

Tarte Flambee
タルト フランベ

本来は、薄い生地で食べるタルトフランベ。フランス北西部、アルザスのスペシャリテです。イメージとしては、ブルターニュの「ガレット」のように、食事からデザートまで、かなり自由に作られています。うちの生地が厚めなのは、岸部でのオープン当初、「どうやったらバゲットを食べてもらえるようになるか・・・」と考えた末の、やたらめったらいろんなパンにバゲットの生地を使った、「美味しい!この生地は何のパン?」「バゲットでございます!」作戦の名残なのです。クレームエペス、ベーコン、チーズ、乗ってるものは聞かれても、生地はなかなか聞かれないのが現実でしたけど。

Tarte Flambee aux Olives
タルトフランベ オ ゾリーブ

細かく無作為にちぎった黒と緑のオリーブを全面に散らし、「エルブ ド プロヴァンス」を振りかけ南仏の風を吹かせてみました。キュッと冷えた白ワインなんか最高ですね。

Pain - ラミジャン
店内でお召し上がりの際に

Pain gros L’ami jean
パン グロ ラミジャン

水と酵母と粉と塩。それらを合わせて様子を伺いながら、時間で繋いで育てるパン。「リニューアルしたシュクレクールを象徴するパン」という使命を背負ったこの子ですが、いつまでもいつまでも、おおらかで、優しくて、力強くも、涙もろい、そんな子に焼き上がって欲しいと父さんは願わずにはいれないのです。

Pain au 2 Graines et Sesame
発芽ディンケルのつぶつぶと、カボチャの種と、胡麻の入ったパン。

発芽したディンケル小麦の粒を1時間ほど炊いたものを、ローストしたカボチャの種と、煎った胡麻と一緒にラミジャンの生地に練り込みました。繊維質やミネラルが豊富で、なんだか身体が喜んでるような気がするパンで、食べ続けてると元気になるような気もするパンです。(感想には個人差があります)

Les Cinq Diamants
レ サンク ディアマン

2種類のレーズン、カレンツ、イチジク、オレンジ、そこにクルミを加え練り込んでます。「何も足せない、何も引けない」の境地に達した猛者でもあり、乙女でもあります。

Pain au Figues
パン オ フィグ

シンプルに生地を楽しみ、その合間合間にフィグを感じる。そのリズムは、トーーーーントンだったり、トーーントトンだったり、トントトトーーンだったり、しますよね。しますします。

Accent Vert
アクサン ヴェール

「緑のアクセント」という爽やかな名前は、オレンジ、蜂蜜、ホワイトチョコというファニーな組み合わせに、「いらないんじゃないの?」と思われながらも飛び込んだ、グリーンオリーブの勇気に敬意を表したものです。

Vert Clair
ヴェール クレール

いや・・毎年考えるんです。あいつだけは避けよう避けようと・・・。ドライのキウイはプチプチ美味しいので、その相方を何にしようか・・・。そうだ!・・・いやいや、わかるよ、わかるけど売れへんやん!いっつも結局「ワサビしかないな」ってなって売れへんと終わるやん!今年も何種か試しましたが、ワサビの呪縛から逃れることは出来ませんでした。一緒に練り込まれたレモンとホワイトチョコも、戦々恐々としております。「薄い緑色」繋がりのキウイとワサビをお楽しみください・・・って、色なの!?

Pain Sépia
パン セピア

イカスミからアプローチしたのか、枝豆からイカスミに至ったのか忘れましたが、あんまり姿を見せないセミドライトマトの存在が不可欠。黒胡椒が割とよくまとめてくれてます。難点は、ずっと黒い。焼いても焼かなくても黒い。いつ焼けたのか教えてくれないイケズなパン。

Baton Branche
バトンブランシュ

クルミ、ノワゼット、カシューといったナッツ類を、ハチミツでデロデロになった生地で薄ら繋いだようなパン・・・というか、棒。

Le petit déjeuner
プティ デジュネ

朝ごはんや、時間のないときにポイッと気軽に食べれるような、それでいて栄養価の高いシリアルとブルーベリーを練り込みみました。小さいのに値段がするのは、たっぷり包んだクリームチーズのせいです。

Pain hibiscus
パン イビスカス

クランベリーとハイビスカスにレモンという、なんともリゾートチックな浮かれたやつです。きっと悩みなどないと思います。他のパンには嫌われてると思います。それでも結局、愛されてしまうのです。人気者とはそういうものなのです。理屈じゃないんです。華があるやつって、そういうものなのです。努力なんてものでは、到底及ばぬ世界があるんですよ・・・。

Banane nuageux
バナーヌ ヌアジュー

Nuageuxは、曇りです。暑さも湿度も増してくる鬱陶しい季節をパンにしました。ありがた迷惑やと思いますが、その主役にバナナを抜擢しました。でも、バナナが完熟した際のなんとも言えないモワッとした感じ、ぴったりでしょ?そのモワつく感じをホワイトペッパーで助長してみました。ありがた迷惑でしょうけど。これだけだと気持ち悪いので、バナナと相性の良いノワゼットとバランス取りのホワイトチョコで、想像の3倍くらいは美味しく仕上げております。

Pain de Ulva
パン ド ウルヴァ NEW

「魚介系と合わせるには、かなり守備範囲の広い選手。磯の香り欲する季節に、「しゃあないなぁ・・」と言いながらも、嬉しさを隠せず、したり顔での登場となりました。アオサが前に出てますが、実はノワゼット、レモン、アンチョビ、どれも欠かせない脇役あってのバランスです。

Pain - シャバタ
店内でお召し上がりの際に

Ciabatta
シャバタ

水分量110%+E.V.O10%、計120%超えという圧倒的な吸水率を誇りながら、何食わぬ顔で素朴感を漂わせてるあなたが好きです・・・。

Pain aux Tomates
パン オ トマト

でろでろのシャバタの生地に、セミドライトマトを練り込んだパン。原型を留めていないトマトですが、ちゃんと心地よい香りと旨味が生地に乗り移っています。

Pain aux Olives
パン オ ゾリーブ

べろんべろんのシャバタの生地に、黒と緑のオリーブを練り込んだパン。黒はしっかりとしたコクを、緑は若々しさをと、オリーブ満喫です。このシャバタ系は、パスタにもサラダにもワインにも、何でもござれの万能選手なのです。「迷ったらシャバタ」、これシュクレあるあるです。

Pain - パンドミ

Pain de mie
パンドミ

岸部では12年間、基本はいじらなかった珍しいパンですが、北新地に来たことをきっかけに、気になってた部分の改善含めてガラリと変えました。粉も砂糖も配合も変えて、邪魔なイースト臭を極力排除し、素材感を前面に出しました。パンドミであるより、よりシンプルにPainとして作ってみたかったんです。違った個性の二種類ですが、先代は岸部にて今までのルセットのまま販売されております。食べ比べても面白いかもですね。