MENU - Pain

ショーケースとスライサーの利用方法>
Pain

Pain de mie
パンドミ

しっかり「食事」としての朝食をサポートできるよう、甘さを抑えて素材感をより感じれるような仕立てになっています。そのままでもっちりしっとり、トーストするとカリッとサクッと、どちらも耳まで美味しく食べていただけます。

Baguette
バゲット

薄い氷を踏みしめた時のような「パリパリッ」と細かくヒビ割れる表皮と、しっとりモチモチした内層。噛むほどに香りや旨味が混ざり合い同化し溶けていく「時間」をご賞味ください。

Batard
バタール

バゲットの倍の大きさなので、必然的に表皮よりも内層の比率が多くなり、カットの仕方により如何様にでもアレンジしてもらえる、寛容さがウリです。

Pain L'ami jean
パン ラミジャン

水と酵母と粉と塩。それらを合わせて様子を伺いながら、時間で繋いで育てるパン。「リニューアルしたシュクレクールを象徴するパン」という使命を背負ったこの子ですが、いつまでもいつまでも、おおらかで、優しくて、力強くも、涙もろい、そんな子に焼き上がって欲しいと父さんは願わずにはいれないのです。

Pain aux Céréales
パン オ セレアル

いわゆる「シリアル」、胡麻やオーツ麦、ひまわりの種などの雑穀を練り込んだ、繊維質やミネラルといった栄養素の高いパンです。白カビ系のチーズには抜群の相性。

Rustique
リュスティック

ストレスをかけぬよう、成形せずに切りっ放しで焼いたプティパン。軽い食感と、口溶けの良さが特徴です。

Epi
エピ

ベーコンを包んでチョキチョキして、麦の穂の形になぞらえた伝統的なパン。千切って食べるもヨシ、これくらいの量を口一杯に詰め込むもヨシです。

Tarte Flambée
タルトフランベ

フランス北西部、アルザスのスペシャリテ。薄く伸ばしたバゲットの生地に、少し酸味のあるクレーム エペス、たっぷりのベーコンとチーズ。熱々を、カジュアルに頬張って。

Tarte Flambée Curry
タルトフランベ キュリー

平たく伸ばしたバゲットの生地に、スパイシーなキーマカレーとチーズ、茄子を乗せて焼き上げました。

Tarte Flambée Gratin
タルトフランベ グラタン

ソテーした数種のキノコ、鶏胸肉、玉ねぎに、ベシャメルソースとチーズをかけて焼きげました。

Café noir
カフェ ノワール

深まる秋や冬の寒さの中で飲むコーヒーをイメージし、香りよりも苦味にフォーカスして作ったパン。食べやすくほっこり優しい甘さをホワイトチョコで、香ばしさや食感のリズムに深めにローストしたピーカンナッツを一緒に練り込んでいます。

Pain Coeur
パン クール

インスタで火が付いた人気者。これを目当てに一緒に写真を撮る女性が続出中。ラブリーな見た目に、イチゴとレモンとホワイトチョコという組み合わせもラブリーです。

Baton Branche
バトン・ブランシュ

クルミ、ノワゼット、カシューといったナッツ類を、ハチミツを練りこんだ生地で繋ぎました。ほの甘くて香ばしくてポリポリ止まらないやつです。

Pain aux erable
パン オ ゼラブル

過去あまり店頭に並んだことのないメープルのパン。メープルシロップとメープルシュガーで「メープル」を主役に仕立て上げ、冬のパンに相性の良いピーカンナッツとホワイトチョコでまったりほっこりと。オレンジピールのアクセントを添えて。

Les Cinq Diamants
レ サンク ディアマン

2種類のレーズン、カレンツ、イチジク、オレンジ、そこにクルミを加えて生地に練りこんでいます。チーズ全般、ワイン全般、広範囲でカバーしてくれる優れものです。

Marron Trouble
マロン トルーブル

渋皮煮の栗の甘さとコクに、黒糖の甘さとコクを重ねました。幾つかある栗のパンの中でも、シンプルなのになぜか人気者です。

Les 4 fromage et de chataigne
レ キャトル フロマージュ エ ドゥ シャテーニュ

「パルメザン・ゴーダ・ゴルゴンゾーラ・クリームチーズ」の4種のチーズのコクと香りを栗と絡めて食べるイメージ。

Ciabatta
シャバタ

お水をいっぱい吸ったムッチムチの生地に、ふわっと香るオリーブオイルの香り。パリで働いてたお店の唯一のイタリア系のパン。スライスして料理全般のお供や、サンドイッチにも◎

Pain aux Olives
パン オ ゾリーブ

べろんべろんのシャバタの生地に、黒と緑のオリーブを練り込んだパン。黒はしっかりとしたコクを、緑は若々しさをと、オリーブ満喫です。このシャバタ系は、パスタにもサラダにもワインにも、何でもござれの万能選手なのです。「迷ったらシャバタ」、これシュクレあるあるです。

Torsad au Sepes
トルサド オ セップ

ファンドヴォーと赤ワインで煮込んだセップ茸に、クルミやタイムなどを合わせて捻ってネジネジしました。これから美味しくなる煮込み料理や赤ワインに添えてもらうと、どちらも更に更に美味しくなってしまいます。