MENU - Viennoiserie

Croissan クロワッサン

クロワッサン

壊れてしまいそうな儚さに打ち勝ち齧り付いた者だけが知る、官能の世界。シャクッ・・・・・と軽さの後のジョワ・・・・・・・・の後は普通にモグモグ。

パン オ ショコラ

クロワッサンの生地で包まれてるのは、相性の良さで選んだヴァローナ社のカライブ。フワッと香りジワッと滲むバターの隙間から、ピシッと苦みが走り、ホヘッとした甘みで安らぐわけです。そう、そういうわけなんです。

パン オ レザン

ポテッとあったかいカスタードクリームと、ラム酒で戻したレーズンをたっぷりと、クロワッサンの生地に目が回るくらい巻き込んでおります。

カルダモンロール・ライム

爽やかで上品なカルダモンの香りにライムを加えました。これからの季節にぴったりです。

クロワッサン オ ピスターシュ エ オ フロマージュ

ピスタチオのナッティな香りにサワーチェリーのキリッとした酸味の組み合わせで暑いこの季節でも食べたくなる仕上がりです。

Viennoiserie - フィユタージュ

ショーソン オ ポム

りんごのピューレがたっぷりバターの香りとザクッとした食感をお楽しみください

Viennois ヴィエノワ

ヴィエノワ(クレーム オ ブール)

ムチッとしたヴィエノワの間に、クラシックな製法で作ったバタークリームを絞りました。

パン オ ノア

ほんのり甘さを感じるムチムチのヴィエノワの生地と、たっぷり練り込まれたクルミの優しい甘さが良い塩梅。パリ時代からずっと作り続けてる、なんてことないけどさり気なくロングセラーな子です。

ヴィエノワ マングー

マンゴーのみずみずしさや香りが口の中いっぱいに広がります。夏の暑さにも負けない爽やかなクリームのパンです。

Brioche ブリオッシュ

ガトー・トロペジェンヌ

フランス南部、プロヴァンス=アルプ=コートダジュール地方にある、サント・ロペ(St-Tropez)発祥のパン。名前は「タルト~」「ガレット~」「ガトー~」と、現在は様々ですが、発祥のお店では、素敵なストーリーがあって「タルト~」という名前になっています。他には「二  ダべイユ」と呼ばれることもあります。構成は単純で、ブリオッシュの間にクリームが挟まってるだけ。このクリームも、ムースリーヌだったりパティシエールだったり様々。うちはパティシエール自体が濃厚なので、そのまま挟んでいます。日本のクリームパンと違って、空洞が空くこともありませんし、端から中央まで、大体同じ厚さで食べやすいのも利点です。