MENU - Viennoiserie

Croissan クロワッサン

クロワッサン

壊れてしまいそうな儚さに打ち勝ち齧り付いた者だけが知る、官能の世界。シャクッ・・・・・と軽さの後のジョワ・・・・・・・・の後は普通にモグモグ。

パン オ ショコラ

クロワッサンの生地で包まれてるのは、相性の良さで選んだヴァローナ社のカライブ。フワッと香りジワッと滲むバターの隙間から、ピシッと苦みが走り、ホヘッとした甘みで安らぐわけです。そう、そういうわけなんです。

パン オ レザン

ポテッとあったかいカスタードクリームと、ラム酒で戻したレーズンをたっぷりと、クロワッサンの生地に目が回るくらい巻き込んでおります。

シナモン ロール

甘いパン生地を巻くタイプとは違って、西海岸ではクロワッサンで巻いちゃったりするんです。生地の余分な甘さもなく、クリームも巻かず、ただシンプルに香り高いシナモンをクロワッサンで巻き込んだ、大人な・・・いや、西海岸なシナモンロールです。

クックオマロン

説明文:クロワッサン生地にアーモンドクリーム。栗の渋皮煮が丸っと1個。言ってみればマロンパイです。

Viennoiserie - フィユタージュ

ショーソン オ ポム

りんごのピューレがたっぷりバターの香りとザクッとした食感をお楽しみください

Viennois ヴィエノワ

ヴィエノワ(クレーム オ ブール)

ムチッとしたヴィエノワの間に、クラシックな製法で作ったバタークリームを絞りました。

ピュレ ダリコ

岸部にオープンしてしばらく経った頃、「アンコが食べたい。アンコのパンはないの?」と、何度も聞いてくるおばあちゃんがいらして。聞いてみると「糖尿病で入院してたんだけど、先も長くないんだから好きなもの食べて死にたいって退院して来たの」とのこと。近所に住んでて、そんなに遠くまで歩けないから、ここにアンコがあったらいいのになあ・・・、なんてことから生まれたパン。アンパンはさすがに作れないのですが、アンパンの要素は躊躇なくふんだんに取り入れてみました(笑)

ヴィェノワ ほうじ茶

ほうじ茶の生地にほうじ茶のクリーム。スモーキーな感じ。

パン オ ノア

ほんのり甘さを感じるムチムチのヴィエノワの生地と、たっぷり練り込まれたクルミの優しい甘さが良い塩梅。パリ時代からずっと作り続けてる、なんてことないけどさり気なくロングセラーな子です。

Brioche ブリオッシュ

ブリオッシュ ナチュール

小麦粉、塩、酵母、水だけという、極めて簡素な材料で作られる「Pain」に対して、このブリオッシュという生地は、バターやら卵やらを当てつけのように存分に使って作ります。「柔らかいパン」と言えば、日本では菓子パンを思い出すと思いますが、食感から香りから全然違います。マリーアントワネットの「パンがなければお菓子を食べれば」のクダリ。お菓子とは、このブリオッシュを指してることも、有名なお話ですよね。その「ブリオッシュ」の美味しさはストレートに味わっていただきたく思って作ってるのが、このブリオッシュ ナチュールです。四角い型で焼いてるので、日本人には慣れてて使いやすいと思います。スライスしてコンフィチュールを乗せて楽しんだり、ソーセージとも相性が良いのです。薄めに切ってトーストしてフォアグラといただくのは、昔ながらの鉄板です。思いの外、用途は広いので、ぜひ食べてみてください。

ブリオッシュ プラリネ パリ

アーモンドをブリオッシュで包んでいます。カリカリに赤い砂糖をまとったアーモンドを、生地に包んで焼くことで、溶けだし優しくなじむのです。